火・木・土発行

1カ月720円(消費税込み)

ホーム

2021年 11月記事

2021年 10月記事

2021年  9月記事

2021年  8月記事

取り扱い店

広告案内

各種サービス

バックナンバー

フォトサービス

紙面ラミネート加工

家庭菜園CDーROM

北国街道400年CDーROM

善光寺1400年の旅CDーROM

長野の大地地学歳時記CDーROM

航空写真プリント

市民書道大会

長野市民新聞キャラクター「しーちゃん」

長野市民新聞キャラクター

「しーちゃん」

2021年 11月記事

善光寺の本堂屋根ふき替え計画

 善光寺は、本堂屋根の全面をふき替える「令和の大修理」を計画している。1984(昭和59)年から6年がかりで本堂屋根をふき替えた「昭和の大修理」から30年以上が経過し、老朽化が進んでいるため。2031(令和13)年に調査設計工事を始め、本格着工は33年または34年に予定される御開帳の後になる見通し。総事業費は17億円余だった昭和の大修理と同規模以上を見込む。

 (2021年11月13日、紙面で詳報を)

 

 

 

若穂の清水寺、紅葉の盛り

 若穂保科の清水寺(せいすいじ)で、紅葉が最盛期を迎えた。境内や参道周辺にあるカエデの葉が赤色に染まり、燃え立つような彩りだ。

 (2021年11月13日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

 

松代観光、滞在長~く

 県観光機構と信州松代観光協会は、新型コロナウイルス感染者の減少傾向に合わせて、松代地区で滞在型観光を推進する。11月27、28日に体験を伴うモニターツアー、12月4、5日には観光振興のアイデアを競い合うイベントを、それぞれ1泊2日で初めて企画。参加者の意見を参考に地域の魅力を掘り起こし、観光客の滞在時間が延びるようなまちづくりに生かす。

 (2021年11月11日、紙面で詳報を)

 

 

 

大岡に新キャンプ場

 大岡丙の「たらら山」に11月末、寝具や食事などがそろうグランピング施設とキャンプ場を併設した「一八〇(ももやそ)」がオープンする。標高1160㍍付近の斜面を切り開き、北アルプスの大パノラマを望む場に整備。当面はキャンプ場の利用を受け入れ、来春以降にグランピング施設や展望レストランを順次開業する計画だ。

 (2021年11月11日、紙面で詳報を)

 

 

 

209本の杉並木だった

 戸隠地質博物館の田辺智隆学芸員ら研究チームは、戸隠豊岡の諸沢橋から戸隠神社火之御子社に通じる「立道(たつみち)」のうち、同社前420㍍間の両脇に杉の切り株計209本を確認した。地元高齢者への聞き取りや旧柵小学校日誌から太平洋戦争中の1943(昭和18)年に木材供出で伐採した跡と判明。大きなものは幹の直径が1.2㍍を超えており、田辺学芸員は「奥社に匹敵する規模の杉並木が存在していた」と推測する。

 (2021年11月9日、紙面で詳報を)

 

 

 

さといも善光寺試食

 篠ノ井共和地区の女性らでつくる「共和ゆめクラブ」は、遊休農地の解消と地区の新たな特産創出につなげようとサトイモの品種「さといも善光寺」の栽培を始め、11月7日、初めての収穫を祝って芋煮会を篠ノ井小松原の畑で開いた。住民約100人が芋煮汁や親芋の煮物を味わった。

 (2021年11月9日、紙面で詳報を)

長工生がデジタル防災マップ

 長野工業高校=差出南=の2年生5人のグループが、市内の指定避難場所や災害時に役立つ施設・店舗をまとめたデジタル地図「よりよい防災マップ」を作り、インターネット上にこのほど公開した。携帯電話の充電スポットや公衆トイレを含め約1300カ所を網羅。避難時などの通信手段の確保や生活復旧に役立ててもらう。

 (2021年11月6日、紙面で詳報を)

 

 

 

久米路峡が秋色に

 長野市指定名勝の久米路峡=信州新町水内=で紅葉が見頃だ。赤や黄色に色づいたカエデやモミジ、サクラなどが、犀川両岸の岩肌を彩っている。

 (2021年11月6日、紙面で詳報を)

 

 

 

 

西鶴賀の空き家再生

 西鶴賀町一帯で急速に増えている空き家・店舗の問題を解消しようと、長野商工会議所などが出資するまちづくり会社「まちづくり長野」が、所有者から建物を借りてリノベーション(大規模改修)し、新たな入居者に貸し出す事業を進めている。昭和レトロな風情の建物を残し、街の特色としてアピール。若い世代を集めて、にぎわいを再生させる考えだ。

 (2021年11月4日、紙面で詳報を)

 

 

 

戸隠でそば祭り開幕

 戸隠地区で10月31日、「戸隠そば祭り」(地元そば店などでつくる実行委員会主催)が始まった。11月1日は戸隠神社中社で、今年のソバの実りや商売繁盛に対する感謝を込めて、神前に打ちたてのそばを奉納する「戸隠そば献納祭」があった。

 (2021年11月4日、紙面で詳報を)

 

 

 

長野市長選、荻原氏が初当選

 任期満了に伴う長野市長選は10月31日に投開票され、スキーノルディック複合元選手の荻原健司氏(51)=石渡=が9万8711票を獲得して初当選した。13(平成25)年の市長選以来となる新人5人の対決。荻原氏は加藤市政の「継承と更新」を訴え、転換姿勢を強調した会社役員で次点の土屋龍一郎氏(60)=妻科=に2万4370票差をつけた。

 (2021年11月2日、紙面で詳報を)

 

 

 

東京の業者がカフェ・工場

 洋菓子製造販売のメゾンビー=東京都=が、篠ノ井有旅にカフェ併設の商品製造工場を来年1月ごろにオープンさせる。見晴らしのいい場所にあり、建物の2階に設けるカフェでは本格的な洋菓子を味わいながら高台からの眺めを楽しめる。

 (2021年11月2日、紙面で詳報を)

 

長工生がデジタル防災マップ
久米路峡が秋色に
西鶴賀の空き家再生
戸隠でそば祭り開幕
長野市長選、荻原氏が初当選
東京の業者がカフェ・工場
善光寺の本堂屋根ふき替え計画
若穂の清水寺、紅葉の盛り
松代観光、滞在長~く
大岡に新キャンプ場
209本の杉並木だった
さといも善光寺試食

Copyright The Nagano Shimin Shimbun

編集制作センター 〒380-0943 長野市安茂里差出1029-1 ☎ 0120-06-5511

南長野支社 〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田1295-3 ☎ 026-299-5988

本社 〒381-0024 長野市南長池138 ☎ 026-251-1546